Countries

Loading countries...

 
電動スクーターを日本で販売したいですか?
ビジネスパートナーを探しています。
Promotion¥

NITO N3

NITO N3 electric moped (fold-able)
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
1486482959_n3-10_587x391 85
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
NITO N3 electric moped (fold-able) 85
電池LiFePo4 (LFP)
範囲50 km
充電時間3 時間
力1.5 kW( 2 hp)
価格未知の
折りたたみ可能
made in Italy  

仕様

ブランドNITO
モデルN3
速度25と45 km / h
力1.5 kW( 2 hp)
重量48 kg
電池LiFePo4 (LFP)
バッテリー寿命1,000 サイクル ℹ
範囲50 km
充電時間3 時間
 

N3は、イタリアのトリノの革新的な電子スクーターのスタートアップからの折り畳み式電動スクーターです。

1920年にイタリアの都市トリノは、120以上のブランドを持つスクーターやオートバイの生産のための首都でした。 1950年に残りの12のブランドが残り、1970年に最後の2つのブランドが移転しました。 2015年の沈黙を破り、電子スクーターブランドNITO(ヌオーヴァインダストリネーゼは)の元ディレクターによって設立されたIEDいくつかの国際的な企業や大学からの支援とヨーロッパのデザインの研究のために(イスティトゥートエウロペオ・ディ・デザイン)、大学・ポリテクニック 。

N3は、最高速度45km / hを提供する1,500ワットの電動モーターを搭載した高品質の折り畳み式モペットです。スクーターは若者と遊び心のある運転のために設計されています。

スクーターには40〜50kmの範囲で2つのリチウムバッテリーオプションが用意されています。充電時間は3〜6時間です。

スクーターはアルミフレームを備え、強度と耐久性を考慮して設計されています。スクーターの重さは48キロで、折りたたみモードではスクーターのサイズはちょうど1,650 x 650 x 1,100 cmで、小さな車のトランクに簡単にフィットします。

スクーターには、エコとスポーツという2つの運転モードがあります。スクーターは複数の色で利用可能です。

 

2020 NITO モデル

NESNITO NES electric scooter 100
¥ 564.414
LiFePo4 (LFP)
80 km
N3NITO N3 electric moped (fold-able) 100
未知の
LiFePo4 (LFP)
50 km
 

営業部門

NITO S.r.l.
Via Cuneo 9/A
10028 Trofarello (TO)
Italy

Tel.: +39 (0)11 649 6683
Email: contact@nitobikes.it

✈インポート

情報が間違っていますか、それともヒントがありますか。お知らせください。
メールアドレス: info@e-scooter.co


 
 
Promotion
大気汚染が少ない? jp.e-scooter.co でボランティアになってください。
このガイドは、+ 200カ国の購入者を対象にしており、クリーンモビリティの促進に役立ちます。 [ 詳細 ]
 
ℹ Electric Scooter: clean air / healthy city air

ディスクブレーキ:大気汚染

ディスクブレーキによる大気汚染は 、標準的な自動車による総排出量の20 %を引き起こし、汚染(超微粉塵)は排気ガスよりも人間にとってより有毒です。

"Vehicle tailpipe emissions are going down, but the emissions from disc brakes will remain to some extent, even if you drive an electric car," Weber said. "Therefore, this kind of process will continue to play out in the future and will be an important consideration when we look at the health effects of particulate matter." (Phys.org)